鼻水に血が混じっていた場合は?



鼻の粘膜は弱いので、
ちょっとした刺激で鼻血が出ることがあります。

この為に少量の血が鼻水に混じって出ることは
さほど珍しいことではありません。
ただし、すべての鼻血が心配しないでいいものではありません。

鼻水に血が混じっている場合、
病気が隠れていることがあります。




鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

日本人の1/4が罹患していると言われている病気です。

左右に鼻を分けている部位を「鼻中隔」と言いますが、
成人の場合、程度の差はあっても鼻中隔が曲がっています。

鼻中隔の曲がり具合があまりにもひどい場合に、
鼻水に血が混じるようになったり、鼻づまりが起きるようになります。

状況によっては、鼻中隔矯正術という手術を行うことがあります。

腫瘍

上顎洞(じょうがくどう)・副鼻腔・鼻腔といった部位に悪性の腫瘍ができることがあります。

鼻にガンを発症した場合、最初は鼻水に血が混じったり、鼻づまりが起きたりします。
症状が進行すれば、モノが二重に見えるようになったり、顔に腫れが出るようになることもあります。

悪性腫瘍も鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)もどちらも放置する訳にはいかない病気です。
鼻に血が混じるようになったら、様子見をせずすぐに検査をするようにしてくださいね。



Copyright(C) 2011 【鼻水ガイド】黄色や緑の鼻水・止め方 Allrights reserved.